mag

mag

2013/02/20

Three Matchless Cameras











シンスケ君はある頃、バイクで転んで足を骨折し、ギプスに松葉杖で ケツ履きだった。

そんなシンスケ君が、女子高の文化祭に招待されたのである。

その女子高の祭は 「招待状」 がないと入れない鉄の扉で閉ざされている花園で、僕らの通っていた高校は男子校である。

そんな女子高に招待されたのならば、例え親の葬式だってキャンセルして行くのが常識であった。



ところがシンスケ君は、あろー事か、女子高へ向かう電車の中で、長髪男子の二人組と見つめ合い続けたのである。

電車が女子高前 駅に到着すると、シンスケ君達の後に長髪の2人も、続いて降りた。

長髪の2人はシンスケ君に、先ほど僕らの事を見ていた様だけど、何か用ですか?という内容の事を問いかけた。

シンスケ君は答えました 「どーしたと言うのですか?なんかご不満ですか?」

すると長髪は、不満ですから、こうして声をかけさせていただいたんです。といった意味の事を言い、

もう1人の長髪がシンスケ君のギプスを蹴りました。

「足は お止めなさい!」 シンスケ君はシャウトしました。

長髪Aが、ところであなたはどちらからいらっしゃったのですか?といったニュアンスの事を聞くと、

シンスケ君は 「渋谷です。 トップJと申します!」 と大ウソを付きました。

シンスケ君の家は八王子の更に奥です。

長髪Bは、これはこれは、そうでしたか、私たちは池袋から参りました。ブロストという部活をやっています。と返し、

それから、シンスケ君のギプスを交互に蹴りました。



シンスケ君の連れの中島君は服が破れたりしたら嫌だから、6歩離れて見ていたそうです。

そして、どーやら長髪の彼らも同じ女子高へ向かって行った為、シンスケ君達はトボトボと帰る事になったのです。

涙が出そうなほど可哀想ですね。



僕らの通っていた高校には、そーゆー箸にも棒にもかからない残念な人が多くて、

そんな僕らには2流のコンプレックスから、変態と言う方向を目指すしか未来は無かった訳です。ヒーハー♪


涙が出そうなほど可哀想ですね。







Illmatic Buddha Mc's - Top of Tokyo

やっぱり、ブッダブランドですね♪






















横浜 HOT ROD CUSTOM SHOW 2012
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...