mag

mag

2013/06/21

Run & Dead










lagwagon - bye for now

ラグワゴンはインディーの頃出したCDがミリオン売れたんだよ。 ゴイすー♪





























不思議な事だけど、 「生理的に受け付けない」 って理由で、苦手な人がいたりするでしょ?

僕は小学生の低学年の頃から、佐藤浩市が嫌いだった。 親父の三國連太郎は問題ねー。

勿論、浩市とは面識がないので、テレビ画面を通して、一方的に 「無理無理。」 と言ってた訳なんだけど、


ある時、小学校で 「似てる!似てない?ブーム」 が巻き起こって、クラスメートの一人が僕に

「林はあれだ、佐藤浩市に似てるな!」 「似てる!似てる!」 ってな出来事があった。



以来、竹中直人とか、なぎら健壱、首都高から落ちた料理人のケンタロウ、台湾のラッパー(見た目:普通のおっさん)、

髭とか、タワシとか、ルンペンとか、アラブ人とか、兎に角、ロクな事を言われた事が無い。



だから、僕はすっかり心がヤサグレて、芸能人なんかみんな豆腐の角に頭をブツけて死ね!と思うようになった。



近所には 「浜福」 って中華屋があって、

僕はそこのナスの旨煮辛子ソバって、ラーメンの上にマーボーナスがのってるメニューが好きで時々通ってた。

何度か友達を連れてったけど、みんな微妙な顔をしていたから、そんなに美味しくなかったのかもしれない。

子供の頃から通ってるけど、そこのオヤジとは1度も話した事はなかった。



あの時、僕が20代も半ばの頃、確か数年ぶりに実家に帰った時で、故郷の味を求めて 「浜福」 へ行ったんだと思う。

いつもの様に 「ナスの旨煮辛子ソバ」 を注文して、14型の小さくて汚いテレビを眺めていたら、

なんと厨房からオヤジが話しかけてきやがった。

「あの、イチローに似てますね。野球の、イチロー。」

「・・・・・・・へー、そーですか。」

僕は、それ以外の言葉が見つからなかったので、僕と浜福のオヤジは数秒間、見詰め合った後、

オヤジは目を下ろして料理を続け、僕はしょーもないテレビに向き直った。



長い事、自分を蔑んで生きていると、例えば突然、褒められたりした時、どんな顔をして良いのか分からない。

僕はスポーツはmotoGPしか見ないから、イチローの凄さはまったく知らないんだけど、

いつだかNHKのトップランナだかで、彼が 「僕が凄いのは当たり前なんですよ。何故なら僕は人の倍、練習してますから。」

って、面倒臭そーに言ってるのを見て好感を持っていた。

その夜、風呂場の鏡に向かって僕は、そのセリフを、うろ覚えのイチローのモノ真似で練習した。



「僕が、凄いのは、当たり前なんですよッ!」・・・

「僕が、凄いのは、当たり前なんですよッ!」・・・・・



数年前、久しぶりに浜福へ足を運んでみると、店はいつの間にか、おっ潰れてサラ地になっていた。

「浜福のオヤジよ、いい思い出をセーンクス☆」






















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...