mag

mag

2013/06/22

Warning Wife



さぁ、待ちに待ったお昼でやんす。








Face to Face - A-OK

高校の頃、大人気だったFace to Faceは、度々、軽音楽部員達のバンドでカバーされてた。
ある時、バンドでヴォーカルをしてた吉野君がくたびれた顔でやって来て、
「ぃやよー、昨日は徹夜でフェイス・トゥ・フェイスの耳コピしたぜ。」 と言って、ノートを見せてくれた。

ノートには、「じゃせ ひなまびしゅふぁーっがなぷみーだー ぷぅーみーだー」と、

アホ丸出しの汚いひらがなで、ノートにみっちりとオリジナル和訳が殴り書かれていた。
そんなもんを覚えるなんて、馬の耳に念仏級の難易度である。
なんてコイツはバカなんだ!?と、とても衝撃を受けたんだけど、

真面目だった僕は、しかし、こーゆーのが本当のパンクなのかもしれないな!って感心したりもしたんだよね。






隣の席の男 「へい、ゆー!」




男 「・・・・。」




隣の席の男 「へいへい、ゆーでもいいよ!」




女 「き、着替え中ですのに、」





隣の席の男 「いいか、俺の奥さんは超怖ぇー。そーさな、どん位かってーと、川崎麻世も峰竜太もびっくりするレベルだ。」




男 「例えが古くて、俺もびっくりだよ。」

女 「いや、まったく。」


















恐妻家 「東京までの道順? まっすぐだよ。バカでも北斗晶でも分かる、まっすぐだ。」




恐妻家 「じゃーよ、俺は家で奥さんが、ジャガー横田並に怒ってるから、お先に帰るぜ。あばよ!」







女 「早速、迷ったじゃねーか。」




男 「まっすぐじゃねーじゃねーか。」

男 「怖い奥さんに、電話して聞いてみる?」


























finito♪



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...