mag

mag

2013/08/20

Let's Fuck in a Car













THE MUFFS - I Don't Like You











とある日の事、バンド好きのモモクロ・マンである本多さんは上機嫌で話しを始めた。

話しとは、本多さんの彼女が、必死に500円貯金してたり、

ペットボトルのキャップを集めていたり、時々、1週間くらい風呂に入らなかったり、

いきなり、1日に6回くらい舌を磨いていたり、チョコレートをつまみにビール飲んだり、

ちょっと、変わってるんですよ!ってな内容であった。



その場にいたもう一人が、「まぁ、本多さんも変わってるからね!」

なんて事を言い、宴もたけなわな感じになった時であった。



少し離れたところに立っていた、藤原さんが口を挟んだ。

「いや、本多は普通だよ。いたって普通。」

藤原さんは無表情であった。

本多さんは少し動揺した後、ムっとした。




後日の事である。

本多さんは僕に愚痴り始めた。



本多 「なんか、あの人って、常に何か食ってるっすよね!肉とか、」

僕  「確かに、兎の様にね。」


本多 「あの長髪、天然じゃなくて、パーマかけてんですよ!美容室で、」

僕  「あらまぁ、美容室で?」


本多 「それに、他人には興味ありません~。みたいな顔して、めちゃめちゃ、他人の話とか聞いてんすよね!ほんと、」

僕  「いやはや、気持ち悪いですねぇ。」


本多 「あの人、時々、チャリで高井戸の家から長野とかまで行くらしーっすよ!一人で、「はぁはぁ」 言って、」

僕  「そりゃ、変態ですね。」


本多 「もしかしたら、あの人、ゲイなんじゃないかなぁ?よく、新宿2丁目のカフェに行くって言ってたし!わりと、」

僕  「そー言えば、ミッツマングローブと友達になりたいって言ってた。」


本多 「あと、男にボディータッチするっすよね?よく、「オス!どう最近?」とかいいながら、でも無表情!みたいな、」

僕  「あるある、間違いなくゲイっすよ。」


本多 「そーそ、大体さ、小さいプロレスラー体系で、小力(こりき)ってあだ名で呼ばれてんのに、暗いよね!あの人、」

僕  「まったく、勿体無い。自殺すりゃーいいのにね。」


本多 「しかも、萌え系のアニメとか、超絶好きみたいっすよ!あの顔で、」

僕  「本多さんも、モモクロが大好きだけどね、その顔で、」


本多 「・・・・。」

僕  「・・・・。」


本多 「よく考えてみると、あの人は変わってるなぁ。」



本多よ、新潟に帰りやがれ!































































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...