mag

mag

2013/12/30

Electric Wave Boy





アートアクアリウム2013 at 日本橋







cero - Yellow Magus


































先日、秩父の山奥で、

ボーっと眺めていたテレビには6時のニュースが流れていて、

僕はテレビのニュースを見るのがとても久しぶりだった。

ニュースは、それがどーした?と言わんばかりに淡々と語られた。



福島の原発は、震災から3年近く経っても、未だに汚染水が漏れ続けていて、

北海道では、男が 「殺してやる」 と叫びながら、車のワイパーを数十本もへし折り、

スーパーの食品売り場では、クリスマス用のチキンから針が見つかり、

愛知県名古屋の栄では、酔っ払い達が暴れ周り、

シリアで、学校に爆弾が投下されて何百人かが死に、

早朝の河原では、埼玉県の学校教師が下半身丸出しでリュックを背負って歩いていた所を逮捕された。



お、お外って怖いわよね。


もし、僕が田舎で生まれ育った

気の弱いニートのオカマで、

部屋に引き篭もって爆弾を作ってみたりしたとして、

毎日こんな刺激的なニュースを見ていたら、

一生、外には出ないわよ。

もー、冗談じゃないわよ。















































2013/12/22

Absolutely





TUGBOAT GARMENTS











Rhye - The Fall


















時々、「面白い映画お・し・え・て!」 なんて聞かれる。

面白い映画は沢山あるので、この質問をされると、いつも困る。

映画にも、TPOみたいなモノがあって、

観る人の、趣味、嗜好だけでなく、現在の生活環境や、

その日の気分とか、悩みとか、望みとかの影響で、

面白かったり、つまらなかったりしてしまうモノなのだと思う。

だから本来は、ワインソムリエの様に気取った感じで、

カウンセリングしたり、しなかったりするのがいーと思うんだ。



ある時、その洋服屋さんは、素晴らしい質問を僕にした。

「いや、最近ね、90年代の映画にハマってて、

あの頃のアメリカの、ダサいファッションを見てるのが楽しくって。

90年代のお勧めアメリカ映画ってある?」


流石ですね。分かってらっしゃる。

こんな客を待っていたんだ。

僕は深く頷きながら答えた。

「タ、ターミネーター2。」


うーん、それしか思いつかなかったんだ、

ごめんね。























2013/12/15

Time is Now













Joni Mitchell - Hejira (1986)


















ブログは鮮度が大事であるらしー。

1、2ヶ月の遅れは愛嬌だろ。と思っていたけど、

気が付けば、5ヶ月も遅れてた。

こーして、人は落ちこぼれていくんだね。

きっと、月に16万円くらいくれるスポンサーがいれれば、

産地直送で、ハイクオリティーかつ刺激的でハートウォーミングな内容でお送りするトコだけど、

まぁ、これからも、春頃に、秋に栗拾いに行ったよってな事になるよね。



ブログだけじゃなく、言葉にも賞味期限がある。



「はやし先生ッ!」

そう、今年に入ってから、僕は不思議な違和感を幾度と無く感じていた。

友達や、別の友達の子供や、職場にいるパートのばあさんやが、

「はやし先生ッ!」

と、口を揃えて僕を呼ぶのである。

「はやし先生ッ」

僕は、なんや、そろそろ中年の味わいと共に、貫禄が付いてきたのかしら?

とか思いながら、

「お、こりゃどうもどうも、」

なんて答えていた。


どうやら僕は 「今更でしょ」 とか言わなければいけなかったらしー。


さぞやみんな、ガッカリしたことだろー。

だから僕は、謝罪の意を込めて、

「無理でしょ!」 とか、 「来年でしょ!」

なんてバリエーションも用意して時を待っていたんだけど、

もー、誰も言ってこねーのよね。

























2013/12/11

Hi-lite & TeaCup in the Kitchen
















Reel Big Fish - Sell Out




人間関係ってスーパーバター難しい。

僕は写真を撮る時、人間以外に興味が沸かないから、

たぶん、人間が嫌いではないんだと思う。

でも、安易に愛とか平和とか言う人は、

尻に地獄突きしてやりたくなるけどね。


なんだか僕は実家に住んでいると、閉塞感を感じる性質で、

平たく言うと、実家は楽だけど、まったく盛り上がらない。

そう思った僕は、出戻ってきた6年ほど前から、

また自立し易いようにと、

この際、実家の居心地を悪くする事にした。



具体的には、家事は全て自分でこなし、

家では一切しゃべらず、飯も食わず、

近所の人間に挨拶されてもフルシカトしてやった。

自分でも最低の方法だと思ったけど、そーしたんだな。


すると、向かいの石川さんの気持ち悪い顔した嫁は、

そんな僕の気持ちを汲み取って、

近所中で僕の悪口を散らし、ある事ない事を噂しまくってくれた。

お陰で、僕が外に出ると、近所中が下を向く。



時々、なんでこんな事になっちまったんだろーって思うけど、

たまには、自分の屈折した性格と向き合う事も必要なんだろーって思う事にしてる。

健 高倉スピリッツだね。まー、しょーがねー。


しかし、意外と気の弱い、家のかーちゃんが、

近所で肩身の狭い思いをしてんのには申し訳無いと思ってるんだ。

ごめんね。


























































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...