mag

mag

2014/05/27

All the Men are Small Fish



デストロ246 高橋慶太郎

モヤっとしている雨の日には、スカっと読書です。







ASKA - はじまりはいつも雨


いい歌ですね。

ほしーをーよーけてー





的場 伊万里 は殺し屋だよ。


僕はマンガがすげー好きです。

マンガにも色々あって、面白いんだけど1度読んだらお腹が一杯になるのとか、

時々読み返したくなるのとか、何度も読み返すやつとか、

何度も読むのは大体、デトロイトメタルシティとか、うる星やつらとか、ドラえもんとか、

軽いギャグ漫画が多いんだけど、最近もう13回くらい、デストロ246を読み返してる。



翠 と 藍


何がそんなに面白いかってゆーと、

歪んだ性格、銃撃戦、重圧なセリフ、暴力、極悪、

これらは本来、Vシネを舞台に男達のものと思われてきたはずだけど、

それらを少女達が演じるだけで、爽やかで心地く展開するのである。

メインで登場するのは、女子高生の殺し屋、ヤクザ、警察の娘。



横浜のヤクザの娘たち



佐久良 南天

武器商人の話 「ヨルムンガンド」 と同じ作者なので、

扱われる武器も拘りの一品です。



ヤル事ばっか考えてます



万両 苺 組長 かわいいー



そして男は全部 雑魚で、すぐに死にます。



綾瀬せつな







如何にも警察っぽいセリフですね



イケイケです。





漫画は売れないと、連載が打ち切りになっちまうモンなのです。

時々、作者のオーバーワークだったり、根性が足りなかったり、

頭がイカれたりしてダメになる事もあるみたいだけどね。

どうか少しでも多く売れて、少しでも長く、面白い漫画が続いて欲しいもんでやんす。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...