mag

mag

2014/06/26

Double Edged Heart





沖縄には、山に行けばニワトリ、海に行けばヤシガニ、畑にはドラゴンフルーツがあって食べ放題だったな。








Rhymester - フラッシュバック、夏。








ユカちゃんとサヤカちゃんは東京から遊びに来た友達。

ここは、1ヶ月3万円のタコ部屋 宿を抜け出して、

僕とジョージさんとリッパで1万円づつ出して借りてた2DKのアパートの真ん中の部屋。

国際通りのすぐ裏で、屋上の貯水タンクに穴が開いてるから、

常にこの部屋の真ん中から雨が降ってて、その滴は植木鉢で受けてたな。

テレビは無かったから、暇な時は雑誌の切抜きや地図を壁に貼りまくってた。

今見ると貧乏臭いけど、当時はデザイナー気取りで、

「くぅー、イカした部屋になったぜー。」 と満足してたんだ。






サヤカちゃんは、確か、なんちゃらドラゴンって名前のキャバクラで働いてた。

ある時、ヤクザの客が来て、「俺の女になれ。」 と言われたそうだ。

「なんでやねん?」 と断ったら、翌日から4人組みのチンピラが家と店の前に毎日やってきて、追い込まれた。

店の店長に言っても、友達に相談しても、みんな顔を下に向けた。

しょーがないから警察署に行ったら、その頃はまだストーカー法が出来る前で、

「何か起きてからでないと、事件として扱えませんから、」と言われて帰された。

衝撃的にムカついたので、翌日から毎日、警察署に怒鳴り込んで、泣き喚いて、

10日目頃に、やっとボンクラ警察どもが腰を上げ、解決に向かったそうだ。


ちなみに、この写真の時は、「あたしゃ出来る!」 って言うからバリカン渡したら、

刃を上下逆に当てて刈りやがって、6mmになるトコが1mmになった。

僕はそーゆー細かい事を言っちゃう男なんだな。






左側のマコっちゃんとは、那覇の月光荘って安宿で出来た初めての友達だった。

月光荘には沖縄に来てから1ヶ月目頃から3ヶ月くらい泊まってた。


当時はバックパッカーが流行りだした頃で、これから外国に旅立つ人や、

色々な国を旅して台湾から帰国した奴らがワラワラしてた。

ボケーっとしてると、真顔で 「自分探しっすか?」 とか聞かれた。

見失ったばっかりじゃボケ。


それでも、みんなキャピキャピと、観光に出かけていって、

僕が起きる お昼過ぎには殆ど人がいないんだけど、

マコっちゃんは毎日、ベンチでボーっとタバコ吸ってたんで、話すようになった。






この日は、僕の仕事が休みだったんで、雨の日に、ゴミ袋を着て、憧れのシュノーケリングに行った。

ゴーグル持ってなかったから、ボヤけて全然 海中は見えなかったけど、楽しかったのを覚えてる。

マコっちゃんは福井県出身の、僕と同じ歳で、高校中退して板前の仕事を6年半して、

自分の店を出す為に、鬼の節約かまして、なんと1000万円貯めたそうだ。


で、そろそろ物件を探すかなって頃に、通帳を開いたら残高は数千円で、6万円だけ挟まってた。

漁師をやってた雷親父の借金返済に消えたそうだ。親父に 「文句あんのか、このやろー!」 と怒られたそうだ。



マコっちゃんは1ヶ月くらいして福井に帰っていったが、その後も時々連絡を取り合ってた。

出会ってから5年くらい経った頃、子供が生まれたってんで、東京から福井までバイクで遊びに行った事があった。

その時は、日給8000円で土木作業の仕事をしながら、

「ほやなー、あれからずっとやる気でんわなー。」 と言ってたな。


それから数年後、マコっちゃんが新鮮なカニを、クール宅急便で沢山送ってくれたことがあった。

僕は、インスピレーションに従って、カレー粉と一緒にナベにぶち込んで食べたら、カレーの味しかしなかった。

あれは間違いだったよ。カニを台無しにしてゴメンね!






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...