mag

mag

2014/11/21

Thin Lizzy




paz garage



WEIRDO CARTOON TATTOO da Flash By 前田師匠




ここは、摩訶不思議なタトゥー屋の様なバイク屋だよ。

だからって、マヌケ面してタトゥーの相談なんかしに行った日には、

「うちはバイク屋だよ。君は、タトゥーシールで十分だボケ、カス、お死になさい。」

と罵られるかもしれないから、お気をつけてね。








Joe Strummer & The Mescaleros - Midnight Jam


























高倉健が死んだ。僕は高倉健よりも菅原文太の方が好きだし、大して影響も受けた事はない。

しかし、高倉健とは、日本人にとって男の象徴のようなもんだった事は間違いない。

人間とは、深みや、味わいを追求して生きるものなのだと、多くの青年たちが健さんの背中に教わったのであろう。

だが、世の中には高倉健を、只の不器用な奴だとしか思わない輩がいるのである。




あれは、僕がリサイクル屋で働いていた時の事である。

求人広告を見て、40代のおじさんが突如現れた。「田中です。」と自己紹介した後、

小太りで、背の低いおじさんは、キャップを斜めに被り、自分をDJだと名乗った。

DJには大きく別けて、2種類の人種がいる。音楽マニアと、ナンパ野朗である。

当然、ミュージシャンにも、聴く人にもそれは当てはまるのだが、

選ぶ音楽に深みや、味わいが無いので大体分かるものである。ぺらぺらなのだ。



田中は、高円寺の一軒家におじさん4人でルームシェアして住んでいた。

「僕ね、手先が器用なもんで、大体、何でも直せるんですよ。」

田中はそう言って、自分で直してるって言うベスパの125ccで通勤してきたが、

1週間ほどで壊れて、それ以来自転車で通ってきた。



車の運転も下手だった。

トラックを運転している田中に、僕は 「何か趣味はあるんですか?」 と聞いた。

田中は、 「はい、覗きっす。」 と答えた。


面白い事、言ってくれるじゃねーか。


田中は住んでいる家の部屋から近隣の若い女の部屋を双眼鏡で眺め、女が出したゴミを漁って、

その女の人間性を分析する事が趣味であるらしい。

「あのねー、ゴミで大体分かるんですよ。趣味趣向とか、性格とかね。」

と、ドヤ顔で言うのがムカついて、以来、僕は田中に敬語を使わない事にした。



そう言えば、田中は時々、リサイクル屋へ依頼があって、伺った若い女の部屋に入ると、

やたらとソワソワしていた。

ある時、若い女の部屋から、冷蔵庫や洗濯機のほかに、パソコンを引き取ってきた事があった。

田中は、「ぴ、PCは、個人情報の詰まった宝箱みたいなモンですよ!」 と言って彦摩呂みたいに舞い上がり、

社長の斎藤さんに、「このパソコン、1日だけ持って帰っていいですか?」 と聞いていた。



そんな田中がある時、暗い顔をして、

「僕、もー死のうかと思ってるんですよ。」 と言った。

「おー、死んだ方がいいよ。あんたは。」 と僕が笑いながら答えると。

「いや、戸籍上だけね。だって税金払うのなんてバカバカしーですよ、

病院行く時は、誰かの保険証借りればいいんですよ。これぞ自由ってやつですよ。

僕の周りでは何人かもー、やってますよ。」



田中は当然、2ヶ月もしない内にクビになった。

ぺらぺらだが、面白いヤツだったな。

今頃はもー、戸籍上だけ死んでんだろうな。

































10-Q♪


2014/11/19

Everything that Glitters is not fuckin Gold





右のおじさん 「最近、歳のせいか糖尿だし、通風だしさ、」

左のおじさん 「へー。糖尿ってション便、甘いんですか?」








CeeLo Green - FUCK YOU







右のおじさん 「チンコは立たないのに、バーガー食うと小指は立つし、嫌になるよ。」

左のおじさん 「小指は困ったもんですねー。いい病院、紹介しますよ。」





左のおじさん 「いや、オレもね、最近、時々、巨人になっちゃう事があって、困ってるんすよ。」

右のおじさん 「あら、それはヤバイじゃん?ストレス溜まってんじゃないの?」





左のおじさん 「そーなんですよ。ほら、」

右のおじさん 「あら、嫌だ、」





左のおじさん 「ほらほら、」

右のおじさん 「わわわ、和田あき子みたいな顔になってるよ。」





左のおじさん 「ほら、大変だ。」

右のおじさん 「いや、まったく、歳は取りたくないよねー。」




2014/11/12

Knight of the Sangen-jyaya












八十八ヶ所巡礼 - 霊界ヌ〜ボ〜♨


































昨日、三軒茶屋の餃子屋で飯を食っていたら、隣の席は酒盛りだった。

男1人に女が3人で、やたらと男の声がでかい。女たちも大声で笑う。

男は茶色い髪をくりくりパーマにしてブランドのスーツを着ていた。話の内容から、不動産屋みたいだ。

職場の内輪ネタの合間に、男が向かいの女に言った。


チャラ男 「福田さんってかわいいーよね!?」

福田さん 「ありがとー!結婚すると、そんな言われることないんだよねー!あはは!」

2人の女 「そーだよねー!」

チャラ男 「ぶっちゃけ、オレは福田さんとセックスしたい!」

福田さん 「ムリムリ、旦那いるし、ふふふ、」

2人の女 「やばいねー、いいじゃん!?」

チャラ男 「別に不倫してってことじゃないよ、・・ぷっちんプリンくらいの!」

福田さん 「10年前だったらOKだったけどね。」

チャラ男 「10年前って事は、福田さんが30で、オレが今41歳だからー、そっかー、」

僕 「えー、お前、それで41か!?」

チャラ男 「じゃあさ、ここだけの話、旦那とオレとどっちが面白い!?」

福田さん 「えー、高倉さんかな?」

高倉さん(41歳) 「やったー!セックスしよーよ!バックでいいから!」

福田さん 「ムリムリ、あたし傷モンだし、若い娘がいっぱいいるでしょ?」

高倉さん(41歳)  「んなことないよー!ちょっと、トイレ!」


そう言って、高倉さん(41歳)は席を立ち、よろけて福田さんに抱きついてレロレロとキスをしてから便所に向かった。

福田さんは、2人の女に、 「大丈夫、大丈夫、これくらいバレないから。」 と言った。

高倉さん(41歳)がトイレから戻ってくると、福田さんと2人で「レモンサワー!」「あ、あたしもー!」と注文し、

他の2人も促されるままに、ウーロン茶を頼み、また、薄っぺらい会話が永遠の様に続いた。

それらの全てが酒のせいに出来るのだから、羨ましい事ですね。



1つ残念なのは、お陰で餃子がいつもより不味かった事だ。あの餃子屋には2度と行かねー。




Dapper Dan Noodle















2014/11/06

My Pride is 1000yen






Mr.デビル 「ちったかたー♪ 久々の下界だー、 ちったかたー♪」





ポリ公① 「やっぱり現れやがったな、この悪魔やろー、御用だ!」

Mr.デビル 「むむ、ヘル・ファイアーかましたろか、こら?」

ポリ公② 「ぅわぁ、先輩、1年7ヶ月も張り込んでた甲斐がありましたね!?」





ポリ公① 「ダメだよー、ここはメキシコじゃねーんだから、

ハッパ吸って、コカイン キメて下界に下りてヘルファイアーしちゃさ。」


ポリ公② 「むひょー、こいつは悪魔界の麻薬王、大物ですね!明日の新聞の1面になりますよ!?

これで僕らも、しょっぱい交番勤務から、憧れの刑事になれますね!?」


Mr.デビル 「ふん、こんな下界の犬にヘル・ファイアーはもったいねー。ここはひとつ、悪魔の囁きをくれてやろう。」





Mr.デビル 「喰らえ、煩悩の数、108万え~ん¥。ほら、財布ごととっとけや。」


ポリ公① 「・・・まぁ、・・なんだ?その・・今日は、いい天気だなー。なぁ、後輩よ。」


ポリ公② 「はい先輩。自分は前から、交番が性に合ってると思ってたでありますから。これからも市民の安全を・」





ポリ公① 「あ、悪魔さん、こんなところにホコリが、」


ポリ公② 「あ、悪魔のお財布の落し物だー!?交番に届けなきゃー。なんつって、」


Mr.デビル 「よし。犬小屋にもどれ、ハウス!」





Mr.デビル 「ちったかたー♪ がはははは、 ちったかたー♪」








Disclosure - Latch ft. Sam Smith


























































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...