mag

mag

2017/10/19

HELL BROS in DeadWorld






歳のせいか、眼鏡が汚れているせいか、元々の性格なのか、

目が曇ってしょうがない。

何もかも、曇って見えるのだ。









Therapy? - Loose








インターネットは素晴らしい。

音楽や芸術やエロや、買い物や、アイデンティティー、

秘密結社の内情や、政治の具体的な腐敗、世界の金の流れ、貧富のとんでもない差も、

庶民にも無料で情報を提供してくれる。






最初はその膨大な情報に感動して、

それから色々な人の生活や考えを眺めるうちに、

自分が如何に凡人であるかを再確認する。

凡人とはここでは、0から1を作れない人の事を指す。






言葉、考え、主義、主張、野望、ライフスタイル、愛、

あの喜びも、この悲しみも、いつかの葛藤も、

残念ながら、凡人にはオリジナルな選択など残っていないのである。

全ては、遥か昔から、無数の人々が行った行為を模倣しているに過ぎないと言える。






そんな事ばかり考えている。

あぁ、これはうつ病だ。間違いない。

僕はすぐに携帯でググって近所に精神科の病院が沢山ある事を知った。

予約はしなかった。






受付最終時間の頃に、やっと雑居ビルの7階の病院に着いた。

待合室は広くて、人がいっぱい座っていた。

どいつも負け犬の顔をしていた。






1時間ほど待たされて、小さな部屋に通されるた。

じじいの医者に根掘り葉掘りの事を聞かれ、隣で助手みたいな奴が会話をタイプして記録していた。

「なんにも、やる気がおきません。」

僕は、未来に希望が見えない事を掲げて、日々、やる気が全くでない事を訴えた。

じじいと助手も、覇気がなくて、うつ病みたいな感じだ。






「お薬、いりますか?」

「うーん、そうですねー、効果があるのであれば、、」

なんて言いながら、僕は心の中で小躍りした。

その為に来たのだ。

凡人の人生は虚しい。それを忘れる為には庶民なりの快楽を追求するしかない。






「わかりました。他になにか気になっていること、ありますか?」

「あー、あの、、、嫌、特にないです。」

「・・・何か?」

「いえ、いいです。」

「・・カウンセリングも受けますか?」

「いや、、うーん、、、はい」






再び僕は待合室に戻された。

受付から女がやってきて、この紙に木の絵を描いて下さいと言った。

面倒臭せー、何やら非常にムカついてきた。






僕は紙に大きく「木」と漢字で書いて、

「やっぱり、カウンセリングはやめときます。」

と言った。受付の女はオロオロした。

受付の女もうつ病みたいであった。






受付の女が行ったり来たりした後、

「では、今日はこれで終わりです。」と言った。

会計を済ませたが、処方箋が出てこなかった。

「あの、薬は?」

「今日はありません。」

「何で?」






僕は気が付くと、怒っていた。

大きな声で、「先程のお医者さんをここへ呼んで下さい」と言う内容の事を述べていた。

待合室の人達が代わる代わるこちらをチラチラと見ていた。

旅の恥はかき捨ててだと思い、情緒不安定を演出してカウンターを叩いてみたりもした。

再び、うつ病の受付係が行ったり来たりして、処方箋が出てきた。





サインバルタってやつと、ロラゼパムってのと、睡眠薬をそれぞれ1週間分貰った。

雑居ビルから外に出て、最寄りのコンビニで酒を買って一気に5日分を飲んだ。

30分くらいで目がいつもよりも曇ってきて、フワフワした感覚になった。

それから、家までの帰り道に色んなとこに寄り道した気がするが、断片的にしか覚えていない。






次の日目が覚めると、ちゃんと家だったが、

バーガーキングのアボガドワッパーと、マックのシェイクとアップルパイに、

ドンキーホーテで電子シーシャを買ったものが、そのまま玄関に置いてあった。

貰った薬は、更にもう1日分、無くなっていた。






職場でそんなに面白くなかった感想を話すと、

シンイチ君は、「またそれ、事後報告、、そー言うのはやる前にちゃんと教えてよ。」

と強い口調で言ってきた。

シュウゴさんは、難しい顔で「そうか、、」と言った。






シンイチ君が、1日ネチネチと言って来るので、次の休みにまた精神病院に行った。

前と違う女の若い医者だった。ブスだったけど。






僕は「薬を飲んで見ましたが、あまりよくわかりませんでした。」と言った。

ブスは「幻覚や幻聴は聞こえますか?」と言った。

僕は「そんな事あるんですか?」と答えた。

前よりも多い容量の薬が処方された。






次の土曜日の仕事が終わってから、

シンイチ君とシュウゴさんが家に来て、1週間分の半分づつをそれぞれ酒で流し込んだ。

程なく、2人ともイビキをかいて眠った。






次の日に3人で出勤してから、間も無く異変は起こった。

僕らの仕事は朝一が一番忙しい。






客でごった返すなか、シンイチ君は客そっちのけで、とてもリラックスしていた。

シュウゴさんは、いつも通り難しい顔をしていたが、時々目を閉じていた。

とうとう、10歳以上も年下の女子に、

「ねぇ、何やってんの!?ちゃんとして!」と怒られていた。






13時間くらい経って、仕事が終わった頃、

シンイチ君はしじみの味噌汁を飲んでいた。

シュウゴさんは、「ハッ」っとして、目が覚め、財布を無くしていた。






僕らは口数少なく、「また明日、」と言って解散した。



tomohiko hayashi
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...