mag

mag

2013/04/20

Holy Gluttony




ラーメン二郎 桜台駅前店






King Crimson - Happy With What You Have To Be Happy With

少し前に、ラジオでYESのRoundaboutが流れてから、最近はプログレがブームでやんす。
でも、僕はジョジョの奇妙な冒険はそんなに好きじゃないんだぜ。































我が国、日本で最も有名なアホと言えば、アホの坂田こと坂田利夫である。

ところが坂田師匠に 「おいアホ!」 と声をかけると、とても怒られるらしい。

アホの坂田には伝説が数多く存在する。





アホの母親である地神サカエさん著書の 「息子はアホやあらへん」 がある。



1941(昭和16)年、10月、アホの坂田は大阪市で生まれた。

坂田師匠は高校生クイズの常連校である私立灘高校卒であるらしい。

そして、高校時代から60年安保闘争に積極的に参加。


その後、京都大学理学部数学科を首席で卒業。更に大阪大学大学院経済学研究科で博士課程に進む。


卒業時の論文は、マルクス主義的な「開発独裁」が、

開発途上国の資源配分を最適化することを数理経済的に実証するという内容であった。


論文は革新的かつハイレベルな内容であったが、坂田が学生運動に加担し、補導、逮捕暦がある事などから、

坂田は博士号を授与されることなく、学界を追われる事となった。



後、坂田利夫の著書で経済学本である 「アホの坂田のビッグバンってなんでんねん?」 がある。



学の道を閉ざされた坂田は悩んだ挙句、経済学を諦め、「平和的な革命」 を掲げる政治活動へと移行、

その手の運動で、最も有効的な伝達手段であるメディアを利用する為に芸能の世界へと入った。

それは、逮捕暦などのある坂田が、後に政治家になる為の数少ない方法でもあった。

後、西川きよしが国会議員として適切な職務を全うできたのも、ブレーンとして坂田がいた為である。



坂田の芸能活動について、彼の芸風を見れば一目瞭然ではあるが、

ガンジーの非暴力思想に強く影響されている事は間違いなく、

「暴力では何も解決しない」 → 「アホのフリ」 へと表現を発展させている。

後は皆さんもご存知の通り、持ち前の追求精神でアホを極めたまでである。





師匠の著書に 「アホの坂田のアホだらけ」 がある。




芸能界の中でも、特に音楽界では坂田師匠の熱狂的なファンは多く、

浪花のモーツァルト、キダ・タローは坂田へ楽曲を提供する為に、

その他の仕事を全てキャンセルして 「アホの坂田」 の製作に挑んだ。




アホの坂田



ビヨンセが坂田師匠の 「ヨイトセノコラセ♪」 のダンスをリスペクトし、坂田承諾の後、積極的に取り入れ、

自身のMVやライブを通じて世界に発信している事はあまりにも有名である。

























あほ!

あほ!

あほ!

あほ!


アホの坂田!





全部ウソだよ。

ヤレヤレだぜ。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...