mag

mag

2019/01/19

Dinner was at Liverpool street




Ugh! Seven Doors Tattoo









Mac Miller - Dang! feat. Anderson .Paak








せっかくイギリスに行くなら、インスタでたまたま見てたセブン・ドアズ・タトゥーに行ってみたかったんだ。






行く前に、お店の最寄りの駅をググったら、リバプールストリート・ステーションだったもんだから、

ビートルズの聖地の方のリバプールだと思って、

ロンドンとリバプールは、東京と名古屋くらい離れてるから、

どうやって行こうかな?なんて悩んでたらロンドンだった。

リバプールってのはアレだね、銀座みたいなアレなのかね?






コンベンションでセブンドアズのブースに行ったけど、1番興味深々だったTEIDEって人はいなかった。


→インスタ←

初期のカット系のタトゥーでファンになって、

それからスタイルはドットからコーマ、そして宇宙って感じなのである。

すげー。


→ショップ←






コンベンションの会場からそんなに遠くなさそうだったので、帰りにその足でお店に行ってみたら開いていて、






ちょっと見てっていい?なんて言ったら、居たのよTEIDEはん。

どっから来たの?言うから、東京からだよ、なんて答えたら、

めっちゃ遠くから来たやん、日本から来る奴なかなかおらんで。と嬉しそうにするもんだから






でも、どうせ予約は空いとらんねやろ?って聞いたら、

ええで◎予約は空いとらんけど、明日の営業終わりにちょちょいならやったるでー、

と言ってくれたんだ。






うわ、めっちゃ嬉しいわー、って言って、ドミトリーに戻って、

一生懸命ネタ考えて、

曇りのロンドンっぽい傘とティーカップのモチーフで

お土産デザインを描いて持ってったんだ。





Mr.TEIDE


したら、あいつ、ダメだ。言いよって、

これはオレのスタイルじゃねー、ダメだ。言いやがる。

え?そうなん?

じゃあ、まぁ、

なんか、、ロンドンっぽい感じで頼むわ。






ダメだ。俺、スペイン人だから。

奴はそう言ったんだ。

気が付けばBGMもスパニッシュカントリーミュージックな訳だ。

そいで、俺はスネークが好きだって言うから、

なんか面白いエピソードがあんだろうと思って、何で?って聞いたら、






理由はない。って言ってにっこり笑うから、

・・・じゃあ、まぁ、何でもいいよ。と言って任せた。

やはり本物のアーティストに常識は通じないものである。

僕はくだらない事を言ってしまったな、と思って後悔し、

タトゥーの最中に1回、屁をこいて、ごめんと謝った。






斯くして僕の左足には、何の思い入れも無いのに2匹めのヘビが完成した。

いや、まったく蛇に何の思い入れも無いのだが、

ヘビが大好きみたいな感じだ。






帰りに奴は、お前にいいお土産がある。

と言って、カタカナで「テイデ」と正面に書いてある、

キワキワなTシャツをくれた。

ありがとう。

なんか、とてもヨーロッパっぽい思い出が出来ました。




2018/12/01

Take a Pee at Brixton












Childish Gambino - Feels Like Summer



僕は霊的な存在を肯定する派のマザーファッカーである。

スピリチュアルの歴史はとても長い。

前にも書いた気がするが、フロイトもユングも元々は

心霊やオカルトの研究を進化させて心理学を派生させたって話だ。


残念ながら僕には霊感のセンスはゼロだが、

確信に近く悪霊の存在を認める理由は簡単なのだ。

現実は小説よりも奇なりと言うように、

凡庸な人間の想像力が、ゼロから何かを生み出す事は皆無だ。

つまり想像で脚色は出来ても、事実が無い事などを想像で生み出す事が出来るのは、

100年に1人の天才だけで、例えば天才が想像の独創的なオリジナルな言葉を発したとしても、

聞く方が理解出来なければ、誰にも認識されないのである。


少し前だけど、前川さんが占いに行くって言うので、

オレも連れてけと言ったのだ。

当然、霊感占いである。

タロットじゃなきゃイタコでもユタいいのである。

僕は奇抜なメガネのよく喋るおばちゃんの霊感占い師に問うた。

八嶋智人によく似たおばちゃんは僕の左肩に頷きながら答えた。


八嶋「あなたはね、もう人間で400回くらい生まれ変わってて、大抵のことはしてるから、まぁ、落ち着いてきてるわね。」

ぼく「ほほー、」

八嶋「商売はだいたい飲食店を経営しててね、守護霊さんが、もう飲食業は飽きたって言ってる。」

ぼく「なにそれ?」

八嶋「1つ前の前世は、そば屋だったね。大して儲かってない。」

ぼく「どう言うことだ?」

八嶋「うん。手堅いのはわかってるが、ウンザリだって。」

ぼく「左肩のやつがそう言ってるのかい?」

八嶋「言ってる。」

ぼく「・・・」

八嶋「そろそろ時間だけど、延長する?」



















































































































2018/11/27

Let's meet up at King's Cross














Nulbarich – ain't on the map yet




その昔、家族でアメリカに行った事があるんだけど、

着いたその日に、うちのおかんは「あー、味噌汁飲みたい」と言った。

僕は欧米ナイズドされているので数週間は和食を欲しない。

イギリスの飯は不味いって事になってるが、うちのおかんの飯も不味いのでへっちゃらだ。

ところが、数日目に無性に日本語の音楽が聞きたくなった。

もー、無性にって具合で。

そう言えば、古いお友達が当時、東南アジアでバックパッカーをカマして帰って来た時、

まー、日本語のマンガが読みたくて読みたくて、

帰国してから貪るようにマンガを読んだって言ってたな。

そう言うもんなんだね。







Horizaru Tattoo aka EN

お世話になっております◎

















































































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...