mag

mag

2016/09/21

Fill up the World with a flowe Smells of Hircismus





戦場のフォトグラファーで有名な一之瀬泰造も、新宿って街が好きだったらしくて、

新宿の写真をまとめた写真集があって、70年代の僕の知らない新宿を見れる!?

と、思ってドキドキしながら見たんだけど、それは僕の好きな新宿とは違ってた。






ほいでこの90~00年代に撮られたと思われる、

星玄人さんの撮った新宿や横浜の写真は限りなく僕の好きな街の景色だった。










唾奇, IO & YOUNG JUJU - Same As


一生売れないから、俺等、仲間。

あいつ今ドコ?

ヤーの耳元。


















初めて夜の新宿に遊びに行ったのは高校生の頃だったと思う。





何しに、新宿のどこに行ったかは憶えていないが、





酒など飲んでいなかったのに、数時間、新宿を徘徊していたら、




あまりの空気の悪さとドブのような臭さに道端でゲロを吐いた。




友達は笑ってくれたけど、




物心ついてからの新宿の第一印象は最悪であった。




普通の若者だった僕は、僕の周りの人達と同じように、




渋谷はしゃれおつ。




新宿は企業ビルや都庁とヤクザとホームレスとゲイと外人。




池袋は埼玉県。




って思ってたので、




新宿には異様で理解不能な怖さがあったのだうね。




僕が20代の中頃、名前は忘れてしまったけど、




趣味が水泳って言ってた美人なんだけど、なんか暗いお姉さんが、




「新宿はね、私みたいな田舎者で、人生になんの目的も無いような人でも、ちゃんと受け入れてくれる街なんだよ。」




と斜めに傾けた顔と、艶やかな声で教えてくれた。












そんな話を聞いてしまったら、




とうとう僕も新宿が、




白と黒が混ざったグレーで、




大袈裟に言うと人間の生と死のとても深い間が少しだけ見える




ドープな街だって事を知って好きになったんだな。

















実は僕は、この星 玄人(ほし はると)さんとすれ違った事がある。

リサイクル屋の外回りの仕事で恵比寿を通ったので、旧山手通りの

モンスーンカフェで食べ放題のサラダとスープとデザートを山ほど食って、

今にもゲロが出そうな状態で休憩がてら立ち読みしに行った蔦屋の特設コーナーに、

どっかの写真学校の卒業作品の写真集が並んでて、僕が手に取ったのが、星さんのヤツだった。

その写真は、名前ははるとって読むらしーが、玄人って書いてんだけど、素人目にも下手な写真だった。

だけど、写真は被写体に一歩踏み込んで向き合ってるだけじゃなくて、被写体に対する愛が感じられて、凄くよかった。

他の人の写真集にも似た様な写真はあったけど、違ってて、それは僕には断トツで素晴らしかった。

僕は星さんの写真集だけ、1ページ、1ページ、じっくりと捲って、立ち読みした。

他のはパラパラとめを通し、もう一度、星さんのを手に取って本の裏の値段を確認したが、

貧乏なので買わなかった。

そのコーナーの片隅に、髪の毛を後ろで縛った男が恐縮そうに立っていた。

恐縮な男は、ただ立ち読みしてただけの僕に、ポストカードのチラシを差し出した。

僕はその学校の誰かなんだろうと思ったが、その彼の顔も見ず、軽く頭を下げて紙を受け取り、

仕事に戻った。家に帰ってから見た、ポストカードの個展の案内で、あの彼が星玄人さんだったって事に気が付いて、

どんな人が撮ったのか興味が沸いて、

プロフィールを見たら年も近かったので友達になれるかもしれないと思ったので、

話をするチャンスを逃した事に後悔した。

フェイスブックのページを見たが、今はどこで何をやっているのか分からないし、

もしかしたら、一念発起して、カメラを持ってどこかの紛争地帯に行き、死んでしまってるかもしれないし、

たぶん、もう彼に会う事はないのであろう。

とても残念だ。




2016/07/19

S.U.B. POP People for Emotion





渋谷のホームレスは、酔っぱらった若者が服を落とすせいだと思うんだけど、

大抵、オシャレだ。中には一見したり、注意深くみなければ、そうだと思わないほどにね。












EVISBEATS&PUNCH&MIGHTY - 夜風に吹かれて











ルンペンフリークスの僕は渋谷で今、2人の気になるホームレスがいて、

一人は時々、109の前で昼夜問わず電卓を弾き続けるおっさんと、







もう一人は道玄坂でよく見る、このおばちゃんだ。

このおばちゃんは、朝から晩まで酔っぱらってて、昼間は手をヒラヒラさせて踊っていたり、

交差点の信号待ちで、カップルの会話に強引に混じったり、

夜は銀行の前で段ボールをかぶって寝ていると思ったら、

いきなり段ボールをふっ飛ばして、飛び起きて発狂したり、







朝には僕の働いてるとこにに来て、「あたしは昔は銀座で、、」なんてご機嫌で喋りまくってったり、

突然、シンニードオコーナみたいな坊主頭になったり、クリスマスの頃にはカラフルなアフロのズラをかぶっていたり、

ハロウィンにはピチピチサイズの赤いチャイナドレスを着て、

道玄坂上の交番の前で泣きながらカップラーメンをすすっていたりして、

いつも僕の胸を熱くする。







少し前、会社のミーティングがあって、半年ぶりくらいに会ったオーナーは、

ホワイトボードにグラフと数字を3時間ほど書きまくりながら、

終始、森進一だか、五木ひろしみたいな顔をしていた。







「?」

12畳くらいの部屋に集められた、僕ら13人の社員の殆どが、

「あれ?こいつがオーナーだったっけ?」

と思うほど、オーナーには変な顔の癖がついていて、

一体、この半年、どこで何をしていたんだろうと想像したり、

「こいつは最近できた、博多店に配属されたオーナーの親戚ってヤツじゃないのか?」

なんて囁く奴もいたりして、そんな僕らの動揺を察したのかどうかは知らないが、







オーナーは途中で、「いつまで経っても、バカばっかだな。」

と、物まね芸人のコロッケみたいな顔で言った。







僕は変な人やバカが好きだ。






彼らは予想を超える行動や言動をするから






ファンタスティックなのだ。






僕は昔、映画の学校に通っていて、

脚本を書く勉強をしながら、

ストーリーってのは何なのだろう?って事を考えまくって、

ゲロが出て、諦めてしまったのだけど、






Mr.END 藤子不二雄シリーズ


こー言う、自分が本を書いたとして、

絶対に思いつかない展開の現実に直面すると感動してしまう。






世界は僕がゲロを我慢すれば、





yes. SHOUHEI!


驚きと感動に満ち溢れているんですね。




2016/07/06

Crimson Idol






僕と同じ歳の山田くんは怪しい奴だし、貧乏だし、シンナーで歯はボロボロだし、

「俺、潔癖だからさ。」 とか言ってクンニはしないそーなのに、

いつも彼女のいる奴だった。七不思議の1つだ。










RHYMESTER × Perfume / POP LIFE × マカロニ









数年前の事、山田君はキャバクラに結構通って、

19歳の巨乳と不純な交際を始めた。

色々な意味で不可能が可能になった瞬間だった。







そんな偉業を成し遂げた山田君だったが、彼は肩を落とし、目を細くして言った。

「俺のちんこに寿命がきた。」

アホみたいに飲む酒のせいか、老い先の不安のせいか、

あの、元気だった山田くんのちんこは、

ピチピチ・オブ・ジョイトイ(19歳)のM字開脚にも塩反応をするようになった。







以来、山田君は身も心も、急激に老けていったのであった。

心配になった僕は、親身になってバイアグラを勧めたが、

彼からはとうに性や生に対する気力さえも無くなっていたのだ。

結局、山田くんは頭の悪そうな19歳の女から逃げるように別れ、

それから1年以上も独身生活をおくり、

下衆男界の表舞台から遠ざかっていった







それからどれ位経ってか、少し前の事、久しぶりに山田君から電話があって、

「なんと俺に色々な意味で奇跡の彼女ができた。」

とポップな声で話を始めた。







その彼女は、職場で会った女で、

それまでは見向きもしなかった地味なタイプの人なのだが、

なんとなくデートをするようになり、付き合ったそうだ。

「・・そうか、よかったね!」

僕はインポの山田くんに少し気を使いながらも、色々な愛の形があるもんなんだろーと思って言った。










清 竜人 - 痛いよ









山田 「おぅ、それが、最近1日に9回ヤってる。」

僕 「エクスキューズミ?」







山田うどん 「なんか、最初は盛り上がんなかったんだけど、ヤったらスゲー良くて、やっぱり体の相性ってあんだな?

何回ヤっても、酒飲んでても、超気持ちよくてさ、ずっと勃起してんだ。」

僕は蕎麦派 「マジか?チンコ痛くなんねーのか?」

山田うどん 「全然大丈夫なんだ、これが。」

僕は蕎麦派 「ウソだろ?でも、毎回じゃないだろ?」

山田うどん 「そりゃそーだよ、」

僕は月見蕎麦派 「そーだよな。じゃなきゃマトモじゃないよ。」







山田マン 「うーん、でも、週3~4で会って、平均8回くらいかな?」

僕ちん 「穏やかじゃねーな。」

山田マン 「あ、途中、少し寝るよ。」

僕ちん 「もー、一生寝てておくれよ。」

山田マン 「でも、10回は無理じゃないかな?体力的に、」

僕ちん 「すでに約10回だよ。まぁ、最初のうちは盛り上がるもんだもんね?」

山田マン 「そーだなー、かれこれ半年だけどな。」







この話を他の誰かから聞いたのであれば、僕はきっと信じなかったと思う。

山田くんは、女には見栄っ張りだが、男同士ではしょーもない嘘はつかない。

見てるかジーザスさんよ、

毎週日曜日に教会に行かなくたって、

日に5回、西北西に向かって祈らなくたって、

浅ましくて、不謹慎で、美しさの少ないこんな社会の底辺でも、

ちゃんと奇跡は起こるのだ。

僕は自分の事ではないのに、誇らし気分になって、

天にダブルでファックサインを送った。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...