mag

mag

2016/07/19

S.U.B. POP People for Emotion





渋谷のホームレスは、酔っぱらった若者が服を落とすせいだと思うんだけど、

大抵、オシャレだ。中には一見したり、注意深くみなければ、そうだと思わないほどにね。












EVISBEATS&PUNCH&MIGHTY - 夜風に吹かれて











ルンペンフリークスの僕は渋谷で今、2人の気になるホームレスがいて、

一人は時々、109の前で昼夜問わず電卓を弾き続けるおっさんと、







もう一人は道玄坂でよく見る、このおばちゃんだ。

このおばちゃんは、朝から晩まで酔っぱらってて、昼間は手をヒラヒラさせて踊っていたり、

交差点の信号待ちで、カップルの会話に強引に混じったり、

夜は銀行の前で段ボールをかぶって寝ていると思ったら、

いきなり段ボールをふっ飛ばして、飛び起きて発狂したり、







朝には僕の働いてるとこにに来て、「あたしは昔は銀座で、、」なんてご機嫌で喋りまくってったり、

突然、シンニードオコーナみたいな坊主頭になったり、クリスマスの頃にはカラフルなアフロのズラをかぶっていたり、

ハロウィンにはピチピチサイズの赤いチャイナドレスを着て、

道玄坂上の交番の前で泣きながらカップラーメンをすすっていたりして、

いつも僕の胸を熱くする。







少し前、会社のミーティングがあって、半年ぶりくらいに会ったオーナーは、

ホワイトボードにグラフと数字を3時間ほど書きまくりながら、

終始、森進一だか、五木ひろしみたいな顔をしていた。







「?」

12畳くらいの部屋に集められた、僕ら13人の社員の殆どが、

「あれ?こいつがオーナーだったっけ?」

と思うほど、オーナーには変な顔の癖がついていて、

一体、この半年、どこで何をしていたんだろうと想像したり、

「こいつは最近できた、博多店に配属されたオーナーの親戚ってヤツじゃないのか?」

なんて囁く奴もいたりして、そんな僕らの動揺を察したのかどうかは知らないが、







オーナーは途中で、「いつまで経っても、バカばっかだな。」

と、物まね芸人のコロッケみたいな顔で言った。







僕は変な人やバカが好きだ。






彼らは予想を超える行動や言動をするから






ファンタスティックなのだ。






僕は昔、映画の学校に通っていて、

脚本を書く勉強をしながら、

ストーリーってのは何なのだろう?って事を考えまくって、

ゲロが出て、諦めてしまったのだけど、






Mr.END 藤子不二雄シリーズ


こー言う、自分が本を書いたとして、

絶対に思いつかない展開の現実に直面すると感動してしまう。






世界は僕がゲロを我慢すれば、





yes. SHOUHEI!


驚きと感動に満ち溢れているんですね。




tomohiko hayashi
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...